勘定科目(貸借対照表)

 勘定科目のうち、貸借対照表で使用される主な勘定科目です。

資産

 資産は、流動資産・固定資産にわかれます。

流動資産

  • 現金
     手許現金のほか小口現金・小切手などが含まれます。
  • 預貯金
     当座預金のほか普通預金・普通貯金などが含まれます。預入期間が1年未満のものが該当します。
  • 受取手形
     販売代金等の決済として受け取った手形を指します。
  • 売掛金
     まだ受け取っていない販売代金等のことです。
  • 有価証券
     売買目的の株式、社債、国債などを流動資産に分類します。
  • 原材料
     期末に残っている、製品製造のために仕入れた原材料の棚卸額です。
  • 商品・製品
     期末に残っている、販売商品・製品の棚卸額です。
  • 貯蔵品
     期末に残っている、未使用の消耗品や切手・印紙等の棚卸額です。
  • 前払費用
     経過勘定項目と呼ばれるもので、支払った金額のうち、期末において役務の提供を受けていないものをいいます。
  • 未収収益
     まだ受け取っていない代金等(事業以外)のことです。
  • 仮払金
     従業員に対する旅費の概算払い分など金額や使途が確定していないものをいいます。
  • 短期貸付金
     金銭の貸付けで、1年以内に返済されるものをいいます。
  • 事業主貸(店主貸)
     個人事業の場合、事業主の生活費などの事業以外の支出金額をいいます。

固定資産

  • 建物
     事務所・店舗・工場・寮等
  • 機械装置
     製品の製造に使用される機械等をいいます。
  • 車両運搬具
     自動車などをいいます。
  • 工具器具備品
     取得価額が10万円以上の消耗品等をいいます。
  • ソフトウェア
     コンピューターソフトの購入費、制作費等をいいます。
  • 定期預金
     預貯金のうち、預入期間が1年を超えるものをいいます。
  • 長期貸付金
     金銭の貸付けで、1年を超えて返済されるものをいいます。
  • 敷金・保証金
     事務所や店舗を借りるときに支払うもので、解約時に返金されるもの・されないものをいいます。

負債

 資産は、流動負債・固定負債にわかれます。

流動負債

  • 支払手形
     商品の仕入れ代金などの支払いのために振り出した手形をいいます。
  • 買掛金
     まだ支払っていない仕入代金等のことです。
  • 短期借入金
     金融機関や役員等から借り入れたお金のことで、1年以内に返済するものをいいます。
  • 未払金
     まだ支払っていない経費の代金等のことです。
  • 未払費用
     販売管理費等で、役務の提供を受けたもののうち代金を支払っていないものをいいます。
  • 預り金
     源泉所得税、住民税、社会保険料など従業員から預かった金額等をいいます。
  • 前受収益
     前もって受け取った金額のうち、本業以外によるものものをいいます。
  • 貸倒引当金
     売掛金・受取手形等の金銭債権の貸し倒れに備え計上するものをいいます。通常、資産の控除項目として決算書に記載されます。
  • 事業主借(店主借)
     個人事業の場合に事業主が用立てた金額をいいます。

固定負債

  • 長期借入金
     金融機関や役員等から借り入れたお金のことで、返済が1年を超えるものをいいます。

純資産

資本金

 法人の場合に株主から出資された金銭等をいいます。

元入金

 個人事業の場合に法人の資本金相当をいいます。