総勘定元帳

 総勘定元帳とは、すべての取引を勘定科目ごとに記録した会計帳簿のことをいいます。
 「元帳」と省略して呼ばれることもあります。
 
 日々の取引を伝票・仕訳帳に記載し、そのすべての取引が転記されたもので、この総勘定元帳が試算表や決算書の元となる重要な帳簿です。

 残高方式と勘定方式がありますが、実務的には残高方式が多く用いられています。

総勘定元帳の記入方法

  1. 日々の取引を出納帳などの補助簿記に記入する。
  2. ①を元に仕訳伝票を起票し、仕訳帳に記入する。
  3. ②を元にその仕訳を総勘定元帳に記入していく。

 ただし、現在は日々の取引を会計ソフトに入れることで、出納帳・伝票・仕訳帳・総勘定元帳・試算表がすべて同時に作成されます。

総勘定元帳の記入項目

 総勘定元帳には、次の事項が記入されます。

  • 勘定科目
     勘定科目ごとに、総勘定元帳は作成されます。
  • 取引日
     取引があった日を記入します。
  • 相手勘定
     例えば、現金で仕入れを行った場合には、現金勘定には、仕入高勘定が、仕入高勘定には、現金勘定が記入されます。
  • 摘要(相手先・取引内容)
     購入先、購入内容を記入します。
  • 金額(借方・貸方)
  • 残高
     前日残高から当日の借方・貸方を反映させた残高を記入します。