キャッシュレス激戦時代への突入

キャッシュレス決済とは

 キャッシュレス決済とは、現金を使わない決済方法のことを言います。様々な支払い方法がある中で、令和1年10月1日の消費税増税に伴うポイント還元策によって注目を集めているのがスマートフォンを使ったQRコード決済です。

 以前から多く使用されていた電子マネーと、急速に普及しているQRコード決済の間ではかなり競争が激しくなってきています。

電子マネーとQRコード決済の違い

 広く使用されている電子マネーは、nanaco(セブン&アイ・ホールディングス)WAON(イオン)のような店舗系やSuica(JR東日本)nimoca(西鉄)のような交通系があります。
 交通系電子マネーカードが登場した時には、改札を通るときのスムーズさや、チャージが簡単にできる快適さに瞬く間に広まりました。

 私個人は福岡の税理士として関与先を訪問したり、東京など様々な交通機関を乗り継いで移動したりするときに、鉄道会社ごとに料金を気にしないでスムーズに乗り換えができるところに一番便利さを感じました。

 最近ではカードも持たなくてもいいスマホQRコード決済が登場し、これにはd払い(NTTドコモ)LINEペイ(LINE)メルペイ(メルカリ)PayPay(ソフトバンクグループ・ヤフー)楽天ペイ(楽天)があります。

QRコード決済の急速な広まり

 QRコード決済は、スマホを立ち上げ店舗にあるコードを読み取るか、スマホ画面のコードを読み取ってもらうかする決済方法で、専用の機器が無くても中小店でも導入がしやすく、身近な決済手段として急速に広まりました。

 実際、ヤフオクドーム内でビールを売り子さんから購入した時も、スマホをQRコードにかざすだけで決済ができ、財布を出す手間やお釣りを受取る手間もなくとても便利でした。

 一度アプリをダウンロードして設定し、使用してもらえると便利なことが広まるとQRコードを提供する事業者はCMで認知度を上げ、大胆な還元策を定期的に行い利用者の囲い込みを行ったのです。

 代表的なものはd払いやPayPayの期間限定の20%ポイント還元です。
 消費者にとっては、現金で購入するのではなく、支払方法を変更するだけで購入金額の20%(限度あり)がポイントとして後日戻り、またそのポイントで買い物ができると、利用するメリットは大きくインパクトもありました。

 また、QRコードを提供する事業者は多くの費用を投入してでも、QRコード決済利用を自社で利用してもらい、決済をきっかけに他のサービスの利用者も増やしたいという狙いもあったように思います。

キャッシュレス時代が始まった現在とこれから

 電子マネーも還元策として、Suicaは鉄道の利用運賃の2%分をポイントで還元し、WAONもポイント還元率を1%と従来の2倍に上げています。

 利用者からすると、電子マネーとQRコード決済が様々なサービスを打ち出してくれることは、とても嬉しいことですが、情報収集や安全性を自分で見極めないと、セブンペイの様に不正利用されちゃう可能性があることも忘れてはいけません。
 利用する側も自己管理が必要な時代になってきているのです。
私は、ポイント還元はどこか、ふるさと納税に似ているように感じてしまいます。

 寄付をして好きな街を応援したいという気持ちと、お礼品を得て少し得をしたいという二つの要因から、ふるさと納税は国民に急速に広まっていったように思います。

 一方、スマホがあれば簡単に決済ができるという利便性と、ポイント還元で得をしたいという二つの要因からQRコード決済は広まっていきました。

 きっと人は、二つ以上の魅力があった時に、初めて手間をかけてでも取り入れよう考えるのでしょう。
ふるさと納税も当初は良かったが、どんどんと返礼品が過剰になり今年とうとう法律で縛らないといけない状態になってしまいました。

 キャッシュレス決済についても、事業者の乱立状態がしばらく続いて徐々に淘汰されていくのでしょうから、既に多くの利用者がいる事業者を選んでおく必要があるように思えます。

 時々、どのキャッシュレス決済が得ですか?と尋ねられることがありますが、利用する人によって重要な要素は違うため一概には言えないところです。しかし、多くを取り入れるのではなく、2、3個決済手段を持っておくぐらいがちょうどいいのかな。と個人的には思っています。

 今後は、知らなかった、面倒だから…とは言っていられないくらい時代変化は速く想像もできない方向に進むでしょう。